2013年09月29日

2013年 関東大学サッカーリーグ第14節 国士舘大学戦 @早大G

前節、流経大の聖地たつのこでの完全アウェー戦に敗れた早稲田ア式。首位専大との勝ち点差をこれ以上開かせないためにも何としても勝利がほしい今節は早稲田スポーツの聖地・東伏見でのホームゲーム。絶対に負けられません。UWはピッチレベルでの応援となりました。

DSC_0237-1.jpg

迎え撃つ相手は前期は最下位ながら後期に入り立て直し、首位専大にも勝利を収めるなど連勝で波に乗る国士舘。国士舘は高身長の選手が多く前節日体大戦ではセットプレーから多くの点を叩き出しており、早稲田としてはこれを注意したいところ。

試合はというと前半は早稲田のペースで進み、近藤洋史のふわりとしたスルーパスから宮本が冷静に決めて先制。後半CKから失点するも早稲田の怒涛の攻撃は続く。チャンスを作るもゴールが奪えない展開が続いたが、終盤に差し掛かり大希がエリア内で突破を試みクロス、中にいた池西希が合わせゴール! 聖地・東伏見に「紺碧の空」が響き渡ります。

しかし…

2試合ぶりの劇的勝利かと思われた矢先、アディショナルタイムにまたもCKから失点。2−2のドローに終わりました。

勝ち点「3」を取り逃した形となりましたが、終始試合を支配し、ゴールチャンスも多く、次の試合への期待が持てる一戦でした。次こそ勝利し、首位専大との差を縮めましょう!

次節は10/6(日)11:30 vs日体大(駒沢補助) ※会場をお間違え無く
都内での開催ですので来られる方はぜひ会場へ!

今回の試合では声出しを手伝いたいという方が駆けつけて、UWと一緒に応援してくれました。本当にありがたい(涙)
UWと一緒に応援してくれる方、応援に興味のある方はいつでも大歓迎です。会場にいる黒色のTシャツを着たUWメンバーを見かけたら一声かけてください。一緒にバモりましょう!


posted by ultraswaseda-admin at 22:01| 試合レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。