2013年09月11日

2013年 関東大学サッカーリーグ第11節 中央大学戦 @味フィ西

昨日の雨も嘘のように晴れ上がった青空の元で行われた関東リーグ第11節vs中央大学。総理大臣杯1回戦vs桃山学院大学以来約1ヶ月勝利から見放されてる我らがア式。久々の勝利で、僕たちの心もこの青空のようにスッキリさせて欲しいものである。

さてさて今日の相手中央大学には、誇り高きサンフレッチェ広島に入団が内定している大型FW皆川佑介、かつて広島ユースの攻撃の中核を担った砂川優太郎などが所属し、中村憲剛(現川崎)、永木亮太(現湘南)など多くのJリーガーを輩出している名門校なのだが… 残念なことに我々にとって相性が良くないのだ。


総理大臣杯では中京大学相手にPK戦までもつれ込むものの敗退。天皇杯予選でもアマチュア最強の横河武蔵野に互角の試合をするもののあとちょっとのところで敗れており、それだけにチームの状態も良くない。

状態の悪いチームというのは無常なもので、勝ち方というものを忘れてしまう。それが如実に現れたのは前節のvs専修大学。一時は追いつくも、最後のところで決めきれない。試合内容では勝っていたものの敗北。もちろん選手としても応援していた方々にとっても悔しい黒星となったことだろう。


そして迎えた今日の試合。相性の悪い相手ということもあって中大の皆川、砂川、澤田などを中心とした怒涛の攻撃に耐える時間が続く。

徐々に攻撃に転じる場面が増えてきた中で均衡を破ったのはやはりこの男だった。三竿からのボールを上手く合わせゴールネットを揺らしたのは我らのナンバー10、榎本大希!!!!早稲田が待望の先制点をもぎ取る!!!…しかし喜びも束の間、中大のナンバー7、砂川の右クロスは皆川の頭にドンピシャリ。1番恐れていたこの2人に同点弾を浴びせられてしまう。

後半に入ると、暑さの中での疲労からか、お互いチャンスらしいチャンスも作れず、宮本のヘッドでゴールネットを揺らすも直前のプレーでファールがあったとの判定でゴールは取り消しに。

しかし、早稲田の稲穂魂はまだ消えてはいなかった。今日、新チャントがめでたくお披露目となった竹谷のシュートは相手DFに当たり、我々の祈りが通じたかのようにコースが変わってサイドネットに突き刺さる!!!!時間にして後半38分の出来事である!!!!歓喜の応援席!!!

その後も宮本のキープなどで上手く時間を使いタイムアップ!!!!久々に味わう勝利の味は何よりも旨く、暑さを忘れるほどの清々しさだった。


今日改めて感じたのは、やはり自分の好きなチームの応援は楽しく、そしてそれが自分の趣味、いや生き甲斐であるということ。しかも勝利という何よりも嬉しいオマケもついて最高の1日でした。サポーターの人数も決して多いとは言えないが、先輩方のお陰でとてもいい雰囲気での応援ができていると思う。でも人数が多いに越したことはないので興味ある方などは是非是非スタジアムや部室に来てください(笑)


P.S. 僕はア式を応援する傍で、小さい頃からサンフレッチェ広島も応援しているので、皆川と砂川を見ることができてホントに嬉しかったです。サンフレッチェのサポーターも募集しているので興味ある方はどうぞ(笑) イケメンが多い!雰囲気最高!そして何より応援する人を魅了するサッカーをするチームなので楽しいですよ(笑)
image-20130911234331.png

image-20130911234342.png

image-20130911234350.png

image-20130911234401.png
posted by ultraswaseda-admin at 23:10| 試合レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする