2012年04月09日

2012年度関東大学サッカーリーグ戦第一節 vs 流通経済大学

早稲田大学3−2流通経済大学

得点者:50'富山、55’、90+1’島田
      早稲田大学
−−−榎本−−−−富山−−−
−近藤洋−−−−−−近藤貴−
−−−−島田−−野村−−−−
三竿−−畑尾−−山地−−菅井
−−−−−−松澤−−−−−−
リザーブ:阿部、福田、望月、池西、石川、秋岡、上形
選手交代:秋岡⇔榎本(81')、上形⇔富山(88')、池西⇔島田(90+3')
警告:富山、野村

一年を占う開幕戦できっちりと勝利を収めることが出来た。今日の試合はこれに尽きると思う。

90分間常に早稲田のペースでやれていた訳でもないし、課題はまだまだある。
ただ2−0から追い付かれるような難しい展開で最後に勝ちきることができたチームとしての強さは、これまでの2年間と全く違う点だった。
試合前にスタンドの部員と選手がハイタッチをする光景は昨年まではあまり見られなかったものだった。豪ちゃんのユニフォームを着て戦ったトミーもそうだが、チームとしてのまとまりが強さに直結しているように思える。

シーズンはまだ始まったばかり。一つずつ見えてくる課題を試合ごとにクリアーできれば、最終的には必ず一番上に立っていられるはずだ。
俺たちも選手の力になれるよう、新しいことにチャレンジしていこうと思う。
余談だが、開幕戦ロスタイムでの勝利と言えば、2007年の国士舘大戦が真っ先に思い浮かぶ。この年はインカレ優勝を果たし、再び名門として進み始めた年でもある。
それ以来のロスタイム勝利。今年の早稲田は何かをやってくれそうだ。
posted by ultraswaseda-admin at 07:51| 試合レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする