2010年05月27日

第84回関東大学サッカーリーグ 第9節 vs明治大学

早稲田大学1−2明治大学

得点者:畑尾(84分) 
        早稲田大学
−−−−富山−−小井土−−−
−−松井−−−−−−−奥井−
−−−−中野−−山中真−−−
幸田−−菅井−−小川−−野田
−−−−−−菅野一−−−−−
リザーブ:小倉、畑尾、岡根、島田、柿沼、佐々木、皆川
選手交代:畑尾⇔小川(73分)、岡根⇔中野(73分)、佐々木⇔小井土(80分)
警告:小川、中野、菅井、奥井、富山、松井

これで連敗は3。個人的には拓殖、順天という昇格組を叩いてその勢いで明治と勝負、というイメージがあったんだけど、まさか勝ち点0で終わるとは考えてなかったです。

ただここまでの2試合と比べれば収穫も多かったのではないでしょうか。攻撃ではトミーと小井土の連携が戻ってきたし、終盤には野田、幸田の両サイドバックも高い位置まで攻め込むことができていたことを考えれば、勢いは戻ってきていると思います。

そして何よりキャプテン岡根の復帰。ピッチに入ってチーム全体にいい意味での緊張感が戻ったというか、雰囲気をガラリと変えてくれました。プレーでも慣れないボランチでのプレーとはいえカットや展開で存在感が出せていたと思います。交代から一気に早稲田が押し込む展開になって畑尾の得点も生まれたわけだし、この交代は効果的だったんじゃないでしょうか。

連敗したとはいえ前向きに考えていくことがやっぱり大事だとは思います。次は大臣杯関東代表決定戦。2週間インターバルがあるわけだし、ここで上手くリフレッシュして試合に臨んでほしいですね。ブロックは流経大と同じだし、簡単に大阪にいけるとは思ってはいないけど、いい夢を見せてくれることに期待したいと思います。

「私を大阪に連れてって。」みんなでおねだりしちゃいましょう!

posted by ultraswaseda-admin at 12:39| 試合日程・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする